スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダル

今日はブライダル

先日、「ホテルシーズン日南」さんで行われたブライダルのお花です。

ブライダル会場

新郎新婦前のお花はこんな感じ
ブライダルメイン

ブライダルゲスト
これはゲストテーブル。
花びんの中にジェルをいれ、その中にキラキラと光るライトを入れました。
上の写真はピンクのジェル。下は透明のジェルです。
ブライダルゲスト2

いろんな飾り方があります。
個性を生かし、自分たちだけのオリジナルウエディングを作り上げるのが楽しいですよね 


今となれば・・・こんなのを一緒に話し合ってる、婚約期間が一番楽しいのかな・・・なんて思っちゃいます・・・
スポンサーサイト

栄養

なかなか思うような更新をしていない最近・・・
こうなったら、思いついたものとか、見たものを 適当(??)に更新しよう!!と思います 
何だか話がバラバラになることもあるかもしれないけど、ごめんなさい・・・


今日は、薔薇のお話に続いて、お花を長持ちさせる成分は・・・ということで、
お水に入れると長持ちするよ、という事で、
・砂糖
・漂白剤

という話は聞きませんか?

砂糖には栄養成分。
漂白剤には除菌作用
ということで、使ったこともある方もいらっしゃるのでは

それらをまとめて配合したもので、切花用延命剤って売られているものがあります。
当店は「キープフラワー」というものを販売しています。
たくさんのメーカーからいろいろ出ているので、それぞれ特徴があると思います。
液体のものや、紙状のもの、粉末状のものなど、いろいろです。


で・・・お花を出来るだけ長持ちさせるにはどれがいいでしょうか?
実は私は、何にも入れずに飾ってたりするんですが、お花によって花持ちは違ってきます。
今は「ガラム」を飾っているのですが、茎に葉っぱが付いていないので、
葉っぱがお水に浸かって水が腐るなんてこともなく、かなり・・・2週間くらい?そのまま。
お水はかえます。

お水を毎日かえれば、特に問題なく、キレイに咲くそうです。
でも、実際は、長くなってくると、お花の色は薄くなり、お花も小さいのが咲いたりします。
地に植えてあるときは、土からの栄養素も取り込めますが、お水だけだとやっぱり不足するんでしょうね。

延命剤を入れると、長持ちして、お水もかえなくていいので楽みたいです。
ただ、入れすぎるのは良くなく、足りないくらいがいいらしいです。
まずはお水かえがないだけで、楽ですよね。
除菌作用がある成分が入ってますので、お水換えはしなくても大丈夫です。
(そのためにも作られているのですから・・・)
病院などお水換えの大変な所には最適ですよね。
もちろん栄養成分も入っているので、お花も色がキレイで、日持ちするみたい。

砂糖を入れると、お花は大きく咲くそうです。が、お水が腐りやすいらしい。
お水が腐ってくると、お花はもうそれでダメになってしまうので、
長持ちはしないと思います。

漂白剤を入れると、お水は濁らずきれいなままであるそうです。
でも、お花がきれいには咲かず、つぼみはそのまま・・・
これだと栄養分がなく、また漂白剤の作用でお花と葉っぱの色は良くないみたいです。


一概に何がいいとは言えないけど、身近にあるのは砂糖だろうし、
お家には漂白剤もあるだろうし・・・
でも、延命剤は買わないとないですよね。
なので「これ!」っていうのはありませんが、お水を毎日かえ、少しのお砂糖を入れ・・・
ってすれば、いいのかな?なんても、思います。
     私は面倒くさいけど・・・

壁掛け?和?

お正月用のお花を作りました。
壁掛け?和?

最近は時間が取れず、なかなか作れなったけれど作りました。
あ!担当は私の妹なので、妹が作るんですけどね。

松の造花にパールの飾りが付いていて、それにマグノリアの造花を組み合わせました。
これなら毎年飾れますよ
ちょっとしたお土産、贈りものにも最適なお値段です

薔薇

最近入った薔薇です。

ピンク薔薇

お花の大きな大輪咲きのものが増えてきました。
輸入のお花が多いんですけどね。

オレンジ薔薇

淡ピンク薔薇

デュエット

まだまだ名前を覚えるのに、追いついていない薔薇がいっぱいです。

普通の、というか、今までお店によく並んでいたお花の大きさからすると、
1.5倍くらいですね。
咲き方もキレイです。大きいので迫力があります 

それではバラの管理の方法・・・

実は、お花、休養があったほうが長持ちするらしいです。
なので、夜は電気を消しておやすみさせてあげると持ちがぐっとのびるらしい。
これは私は実験していないので、絶対とは言えませんが、そうらしいと書いてありました。
「へ?」って感じです!!

また、薔薇って、「日持ちしない」ってよく言われるんですけど、
乾燥に弱いのも一つの原因ではないかと思うのですが・・・
葉っぱからの乾燥をあまり飾っているときは意識していないと思うのですが、
人と一緒で、表面が乾燥しちゃうんです。
なので、ちょっとグッタリしたときは(症状で違いますが、カサカサを感じた時は)、
深水して、薔薇にお水を十分あげてみてください。

まず、薔薇の花を新聞紙で包みます。
茎を少し切って、バケツ(花びん)などにお水をたっぷり入れ、
その中にしばらく・・・一晩くらいつけてていいですね。
その時、お水たっぷりは、お花の下まで・・・お花にお水がかからないくらいまで、
つけてくださいね。
そうすると新聞紙をつたって少しずつ葉っぱにも水がいきわたり、元気になってくれます。

結構薔薇って長持ちしますよ

いろはもみじ

先週の晴れた日、週の中ごろ、父と母が「イロハモミジ」を見に行きました。
いろはもみじ

北郷の北河内の広渡ダムの奥にあるそうです。
私も行ったことないんだけど・・・

紅葉したもみじがきれいだったそうです

イロハモミジ

次は「バラ」について書きたいと思いま?す

アメジストセージ

アメジストセージの育て方いきますね

で育てても、お庭に植えても大丈夫です。

お庭に植えるなら、植える前に、出来たら腐葉土なんかを植える場所に入れるといいです。
また、割と普通のとこで育ちますが、有機質に富んだ水はけの良い土は理想的です。

鉢に植えるなら、大き目のものに植えてください。
アメジストセージは草丈が1メートルくらいに大きくなるので、草丈の低目のものなど
違う性質のものと組み合わせると、楽しいのではないでしょうか?

丈夫なので、そんなに土を選びません。
でも、大きくしたいと思えば、排水性がよくって、保水性、通気性の良い土にしてください。
鉢植えだったら、市販の園芸用の土を使えば大丈夫です。
かなり草丈が伸びるので、植え替えは毎年したほうがいいです。
お庭に植える場合は、庭土のところに腐葉土やピートモスなどを植え込む土の3分の1くらい
混ぜ込んでみてください。排水性も良くなり、根も伸びやすくなり、大きくなってくれます。
鉢に植えた場合は植え替えは毎年してください。
花壇の場合は大きくなってからでいいです。

置き場所は、日当たりがよくて、風通しの良いところ。
この植物は結構強いので、真夏でも半日陰でなくてもいいらしいです。
また耐寒性もあるので、真冬でもきちんと成長していれば、屋外にそのままでも大丈夫。
ただ、霜や氷が昼まで解けない、とか、気温が?3?5度以下くらいまで下がると
ちょっと弱ってしまうので、そのような地域は、室内とか霜よけするなどが必要です。

注意としては、今買った苗を外に植えて・・・となると、あんまり寒い地域では
寒さに耐えれるほど育ってくれないかもしれません。
植えた時期にもよりますが、しっかり成長していないと、寒さに負けちゃうかもしれません。
うちみたいにわりと暖かい地域なら大丈夫なんですけどね。
日南でも山沿いとかは気温がグッと下がるので、おうちの状態によってうえてください。
お庭に植えたかったけど・・・と思われる方は、今年の冬だけ鉢で育て、
春にお庭に植えかえることをお勧めします。

植えつけや植え替え時期は、他のおおよその植物と同様に秋か春が適しています。
お水も、表面の土が乾き始めたらたっぷりあげてください。
これも他の植物と変わりありません。
ただ、アメジストセージは、株がどんどん大きくなってきます。
大きくなれば、それだけお水が必要になるので、水切れには注意してくださいね。
お庭の場合は、植え替えてから2週間くらいは、まめにお水をあげ、
根付いたら乾きすぎない限りは、雨で大丈夫らしいです。
お天気と相談、になりますが、お天気の良い日がずっと続いたら乾きすぎる事もあります。
その時は、お水をあげてくださいね。

アメジストセージ

やっとお仕事復帰です
ちょっと休んだだけなのに、しなくちゃいけない事がたくさんある気がして、
なんだかバタバタ気分です


今日からアメジストセージの育て方をいきたいと思います。

季節もグッと寒くなってきたので、もうしばらくしたら、チューリップとか
お店に並び始めると思いますが、最近は特別変わったものもなく・・・
シンフォリも先日入荷したのですが、あんまり良い商品ではなかったので、
今、再生中です。白と赤があるので、もう少しキレイになったら、ご紹介しますね。

とりあえず、先日のアメジストセージ
アメジストセージ

鮮やかな色をしてますよね。

アメジストセージは、「メキシカンブッシュセージ」とも呼ばれています。
シソ科でサルビア属のメキシコ、中米原産です。

セージなので、ハーブとして知ってらっしゃる方も多いと思います。

今回は鉢ではなく、苗物としてポットで販売していました。
以前書いたこともあるのですが、植物全て、もちろん野菜も、
ポットに植えてあるものは、植え替えしてくださいね。
鉢が小さいので、根詰まりしやすいです。
また土が少ししか入らないので、乾燥も早いし、蒸れやすくなります。
   ポットって、あのふにゃふにゃした、黒いビニールのヤツ!!です。



・・・ちょっとお仕事が入りましたので、今日はここまで・・・
明日の更新を目指します!!
プロフィール

はなや

Author:はなや
松本花屋です!!日南で開業して10月で45年を迎えます。docomoショップの前です。

お問い合わせフォーム

担当者不在の場合、返信にお時間がかることがあります。

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

最近の記事
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
グリムスの森
リンク
過去ログ
FC2カウンター
アクセス解析

最近のトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらもどうぞよろしくお願いします!!
にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。