スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダル オレンジ~ブルー

先日のブライダルのお花です。

黄色、オレンジ、シックな赤、そしてブルー
YOメイン
クロスの雰囲気にもとても合って、明るさと落ち着きと、とても華やかな組み合わせでした。

最近は同系色の組み合わせがほとんどです。
それはそれで、濃淡がキレイなんだけど、この反対色を取り入れたような組み合わせも
最近はなかなかないので、とても新鮮に感じました。

YOゲスト
何より、ご本人たちのご希望に添うようなお花を仕入れることが出来て嬉しかったです。
今は流通はとても発達して、手に入らないということは、よほど季節が外れない限り、
あんまりないのですが、取り寄せると、お値段が高い!!!!!
バラとか500円くらい全然ありえる。
そんなお値段のお花ばかりを使っていたら、とてもじゃないけどアレンジメント一つでも
5000円はないと生けれないし。

これは宮崎と鹿児島に出荷されていたお花で用意出来ました。
それが私にとっては何より嬉しいです。
何を何本使って、総本数何本で・・・と考えてオーダーするんだけど、
お花の大きさとかで使う量も変わってきたり。。。
頭の体操。。。
揃うまでは本当に頭を悩ませます。
スポンサーサイト

花言葉

先日、花言葉に合わせたお花で、というご注文をいただきました。

言葉に合ったお花をさがす。
意外とこれが難しい。
お花の咲く枝もの(木)だったり、季節が全然違ったり、花壇に咲いてるようなお花だったり・・・

例えばとっても代表的な例として、スイートピーは春が本当の旬ですが、花言葉は「門出」
言葉と季節が合ってます。

色、形、季節、香り
いろんな要素から花言葉は生まれています。
ただ、一つの意味だけでなく、たくさんの意味を持つお花もあり、
私たちも、記憶の中にはしまいきれません!!
          ホントに花ごと、色ごとに違って、国でも違って。ましてや一つじゃないので大変なんです。
                                                             嘘はつけないし・・・


色でご説明すると・・・解釈は国によって違うらしいです。

黄色は中国では貴重な色で、日本でも黄色の福寿草は幸運を招く色で、
風水でも金運UPの色として、大人気です。

が、西洋では、不吉な色と考えられているという説もあります。
ローマ皇帝の時代までは尊重されていましたが、キリスト教の勃興により、
その考え方をかえさせました。

紫は日本では高貴で荘厳なイメージですが、西洋では悲しみの色。
これはギリシア神話でアポロンがヒアキントスを誤って死なせてしまった伝説で
生まれたヒアシンス花が紫色で、その花言葉が「悲哀」。
それが紫の他のお花にも広がったというお話です。

赤は、日本や中国で喜びを表しますが、インドでは怒りの色らしいです。

季節でも影響されています。
春に咲く花には、希望や幸福のシンボルみたいなものが多く、
秋の花には寂しさやはかなさが結びついているらしいです。

花言葉・・・
伝えたい気持ちがあるから、お花のキレイさだけじゃなく、その奥の想いが伝わるよう、
みんな考えるんだろうなぁ~

花言葉も頑張って調べてみます
プロフィール

はなや

Author:はなや
松本花屋です!!日南で開業して10月で45年を迎えます。docomoショップの前です。

お問い合わせフォーム

担当者不在の場合、返信にお時間がかることがあります。

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

最近の記事
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2012/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
グリムスの森
リンク
過去ログ
FC2カウンター
アクセス解析

最近のトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらもどうぞよろしくお願いします!!
にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。