FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セダムの育て方

セダム

セダムはマンネングサ属の総称で、
ベンケイソウ科マンネングサ属で、学名がSedum(セダム)
原産地は北半球の温帯~熱帯
とても多くの種類があり、地面を這うようなものから、真っすぐに伸びるものなどたくさんあります。
多肉植物として分類されて、葉っぱに水を蓄えられるので、少々水を忘れても大丈夫!!
お水をあげれば元気を取り戻してくれます。

私は見たことないんですが、花が咲くらしいです 

開花期は種類によって違いますが、1cmぐらいの小さな花を先端に咲かせるものが多いらしく、
花の色は白、黄色、赤色、ピンク、紫色などがあります。


では、育て方に  いきましょう。

セダムは日当たりが良い方が好きです。
日当たりが良いと、葉っぱの色がよくなり、丈夫な株に育ちますが、
真夏の直射日光はあんまり強すぎて、葉焼けを起こしてしまいます、
日よけするか、日陰に置くかして、直射日光は避けて下さい。
冬はまた、日当たりの良い場所へ置いてくださいね。
霜には弱いので、外に出しっぱなしだと、枯れてしまう可能性があります。

お水は、表面の土が乾いたら、たっぷりとあげてください。
葉っぱにお水を蓄えられるので少々忘れるのは大丈夫ですが。
春と秋には多めに。夏と冬は控えめに。
春と秋は成長期なので、たっぷりあげてしっかり育てましょう。
夏は高温多湿に弱いので、お水が土の中にたっぷりあると、お水のせいで
土の中の温度が上がり、根っこが腐ってきたりします。
表面が乾くのを待って、たっぷり。回数を少なめにしてください。
冬は成長がお休みです。なので、控えめで大丈夫です。


では次回は続きを!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなや

Author:はなや
松本花屋です!!日南で開業して10月で45年を迎えます。docomoショップの前です。

お問い合わせフォーム

担当者不在の場合、返信にお時間がかることがあります。

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

最近の記事
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
グリムスの森
リンク
過去ログ
FC2カウンター
アクセス解析

最近のトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらもどうぞよろしくお願いします!!
にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。