スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイビスカス♪

今日はハイビスカスの管理の仕方を書きます。
暖かいところでは、よく見られるお花です。
イメージとしてはハワイとか南の島が思い浮かびますね。


日当たりは良いところに置いてください。
でも、30℃以上の高温が続くと株が弱ってしまいます。
風通しが良くて、涼しい場所が良いのですが、ちょっと難しいですよね 
朝日に当てて、日中は明るい日陰あたりで十分です。
よく咲くのは春と秋で、夏は花が咲かないこともあります。
冬は10℃以上の温度を保てるところで管理したほうが無難です。

お水の管理は、5月から10月くらいは、乾いたらたっぷりとあげてください。
とくにお花の咲いている時期にお水切れになると、つぼみが開く前に落ちてしまいます。
冬も、比較的暖かい所に置くので、土の表面が乾いたらあげてください。
ただし、冬場は午前中にあげてくださいね。
夕方になると、土の中の水分が冷たくなり、根っこがダメになります。

肥料は、5月~10月は月1回ほど、緩効性の肥料をあげます。
お花がどんどん咲くようなら、10日に1回くらい、水で薄めた液体肥料もあげても良いでしょう。
でも、お花が咲かないからといってたくさんあげると、
根っこが肥料にまけるので、あげすぎはよくありません。
肥料の開始は、春に新芽が出てきた頃です。

咲き終わったお花は、しぼみます。しぼんだらお花の茎の付け根から切り落としてください。
そのままにしておくと、がくの部分を残してお花が落ち、かびやすいので早めに取ります。

10月頃に、全体の枝を半分くらいの丈に刈り込みます。
寒さの被害も受けにくくなり、屋内にも取り込みやすくなります。
また全体のバランスが悪くなったり、のびすぎた枝があれば切ってしまって大丈夫です。
茂りすぎて風通しが悪くなるようなら、枝を間引くよう落とします。

葉っぱが落ちることがありますが、原因はいろりろあるそうです。
春先落ちるのは、新しく生長するための準備のことが多いみたいです。

また、冬の寒さや夏の暑さでも葉を落とすそうです。
鉢植えは根詰まりを起こすと、十分水が吸えなくなり、葉っぱがおちます。
病気や害虫が原因の事もあります。環境と季節をから、原因を探りましょう。

次回、あと少し続きを書きます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなや

Author:はなや
松本花屋です!!日南で開業して10月で45年を迎えます。docomoショップの前です。

お問い合わせフォーム

担当者不在の場合、返信にお時間がかることがあります。

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

最近の記事
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
グリムスの森
リンク
過去ログ
FC2カウンター
アクセス解析

最近のトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらもどうぞよろしくお願いします!!
にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。